基礎資料 発声と声帯振動―ファイバースコープを用いた観察―

動作要件

本教材は、動画コンテンツを含んでいます。動画コンテンツの再生には、Adobe Flash Playerがインストールされていることと、お使いのブラウザでJavascriptの実行を有効にしておく必要があります。

動画コンテンツがうまく表示されない場合は、下記の項目ついて確認してください。

Adobe Flash Playerのインストール

動画コンテンツのあるページを表示するときに、お使いのブラウザよりAdobe Flash Playerのインストールが求められることがあります。この場合、指示に従ってAdobe Flash Playerをインストールしてください。あるいは、下記サイトよりダウンロードして、インストールしてください。

また、リンク先では、「同時にインストール: 無料のMcAfee® Security Scan Plus」とありますが、インストールは任意ですので、必要なければチェックをオフにして、「今すぐインストール」を押してください。

お使いのPCのOSおよびブラウザによってインストール方法が異なりますので、詳細な手順については下記の各リンク(インターネットに接続します)よりご確認ください。

Javascriptの有効化

動画コンテンツが表示されず、「ブラウザの設定でJavascriptが無効化されているので動画を表示できません。ブラウザの設定画面よりJavascriptを有効にしてください」と表示された場合は、お使いのブラウザの「環境設定」もしくは「オプション」で表示されるウィンドウで設定してください。お使いのOSおよびブラウザごとの設定方法を以下に示しますが、バージョンにより異なる場合がありますので、ブラウザのヘルプなどもご確認ください。

  • Internet Explorerの場合
    1. メニューバーの「ツール」>「インターネットオプション」(Macintosh版では「編集」>「初期設定」)をクリックします。
    2. 「セキュリティ」(または「セキュリティゾーン」)タブをクリックし、「既定のレベル」ボタンを押し(または「セキュリティレベル」を「中」にし)、「OK」ボタンを押します。
  • Firefoxの場合
    1. メニューバーの「ツール」>「オプション」(Windowsの場合)または「Firefox」>「環境設定」(Macintoshの場合)をクリックします。
    2. 「コンテンツ」タブをクリックし、「JavaScriptを有効にする」のチェックをオンにして「OK」ボタンを押します。
  • Operaの場合
    1. Operaメニュー(左上の隅)から、「Settings」>「Preferences」をクリックする。
    2. 「Advanced」タブをクリックし、左のリストから「Content」を選択し、「Enable JavaScript」のチェックをオンにして、「OK」ボタンを押します。
  • その他のブラウザの場合
    環境設定のウィンドウよりJavaScriptを有効にする設定を行ってください。

<< 前 : 動画の再生 | トップページに戻る >>