トップページ イベント 電子雑誌 入会案内 概要 関連プロジェクト 更新履歴

概要

[規約]

第1条(名称)
 学会の名称は,日本語音声コミュニケーション学会とする。

第2条(目的)
 本学会は,日本語の音声コミュニケーションとそのあるべき教育の姿を調査・研究することによって,日本語音声コミュニケーション研究とその教育の質的向上に貢献することを目的とする。

第3条(活動)
 本学会は上記の目的を達成するために次の活動を行う。

1.「日本語音声コミュニケーション」とはどのようなものか,その教育はいかになされるべきか,そこで役立つ基礎資料とはどのようなものかについて,継続的に討議・考究する。
2.「日本語音声コミュニケーション」教育の連続性をめざして,国内の日本語教育機関との連携を深め,共同で調査・研究を行う。
3.上記第1項,第2項について,海外の研究者と連携し,共同で調査・研究を行う。
4.必要に応じて,日本語母語話者の言語表現教育の質的向上に取り組み,日本語教育と国語教育との連携を含めた,言語教育全般に提言しうる研究・実践を行う。

第4条(会員)
 本学会への会員入会の承認は,第6条で規定する常任委員会が行い,総会に報告するものとする。

第5条(総会)
 総会は,会員をもって組織し,各年度に1回またはそれ以上開催するものとする。電子会議形式での開催も可能とする。
2.総会は,本学会の各年度の事業計画,収支予算,事業活動報告,収支決算報告を審議し,議決する。

第6条(常任委員)
 本学会に,役員として常任委員を置く。
2.常任委員のうちから代表を選任し,代表は学会を代表する。
3.常任委員のうちから副代表を選任する。副代表は代表を補佐し,必要に応じて代表を代行する。
4.常任委員は,常任委員会を組織し,学会の運営にあたる。常任委員会は,会員の入会承認,事業計画の策定,予算の管理執行,事業活動報告および収支決算報告の作成等の業務を行う。

第7条(事務局)
 本学会は,常任委員間および会員間の連絡および会計等の事務を行う事務局を置く。
2.事務局の設置場所は常任委員会が決定する。

第8条(会費)
 本学会の経費は会員の会費(年額2,000円)でまかなう。但し,関連の研究プロジェクトから資金を受けることを妨げない。

第9条(年次報告)
 常任委員会は各年度が終わった時点で,本学会の年次報告(会計報告を含む)を作成し,研究会員へ報告する。

第10条(規約改正)
 本規約は常任委員会の発議により,総会出席者の3分の2以上の同意を得て改正することができる。

附 則
 この規約は2017年8月21日から施行する。

Design by Cloud template